No.105 住んでいる土地を離れた方が良いか?

<2018年7月24日 R様>

昨年12月にもお世話になりました。

あのときは、不安ばかりなところでいただいた助言にふんぎりがつき、動けなかった足をとにかく前に進めることができました。

ありがとうございます。今回もすこし、ご相談させてください。

相談内容は、いま住んでいる土地を離れるのがよいかです。
前回もお話させていただいたのですが、昨年の11月に引越してきたばかりです。
母とともに望んだ地へ越してきて、新たなきもちでがんばるつもりでしたが、いろいろとありました。引越自体かなり無理をして、じつはそのときも「これは警告では?」と思うようなことがいろいろあり、心のどこかに違和感はありました。引越してからも、新しい仕事が決まってからも、かつて起きたことのないようなことが立て続けに起こり、きわめつけは母の死です。

3ヶ月ほどの入院の末、先日亡くなりました。もちろん土地のせいにするつもりはなく、起きたことは自分の責任です。ここはいいところです。おいしい空気と水。望んでいたものが手に入りました。

でも、失ったものも多くありました。

ふたりで住むために借りたいまの家で、ひとりで暮していく見通しが立たず、かといってどこへ行けばいいかもわからず、途方に暮れています。ここのまえに住んでいた県には妹もいて、近くに越してくることも考えてはどうか、と妹はいいます。

不幸が重なるとわるいほうにばかり考えるものです。

どこに行っても同じこと、いまある環境に感謝し、現状を受入れることで見通しも立ってくるのかとも思います。でも、ここを離れたいというきもちもすくなからずあります。これから進める足の方向を決めるのに、お力添えをいただければ幸いです。

<2018年8月5日 お返事>

お母様がお亡くなりになられたこと、心よりお悔やみ申し上げます。

>  今の住まいを離れた方が良いか?

現在の住まいと新しい住まいと、どちらの方が良いかを確かめます。
現在の住まいは、木星で示され、新しい住まいは、水星で示されています。

現在の住まいである木星は、ぺリグリンで逆行。
新しい住まいである水星は、ぺリグリンで逆行手前の留の状態。
現在の住まいもあまり良くないのですが、新しい住まいも良くありません。
まだ、木星で示されている現在の住まいの方が良いかもしれません。

どちらも良くないと言うことは、引っ越しは避けた方が良いと言うこと。
少なくとも、今の時期ではありません。

今の状態のまま見つけても、あまり良いところが見つかりそうもありません。また、引っ越しは思っているよりも気力や体力を使います。引っ越しが大変であればあるほど、引っ越し後に半年くらい経過した時に、精神や肉低的な疲れが出て来て、病気や鬱モードになることが多いです。

今はまだ大きな動きは避けられた方が良いでしょう。