No.49 今婚活中、良い出会いはあるか?

2017年04月30日 ぷんちゃん様

初めまして。

私は今年中に、いい出会いがあり結婚して妊娠できるか知りたいです。今婚活中ですが、いい出会いがありません。子供もほしいです。

<お返事 2017年5月1日 >

ぷんちゃんさんを示す惑星は、水星と月。
出会うであろう、お相手の候補は、木星と太陽

月と太陽が、残り9度でセクスタイルを形成することから、9週間くらいで誰か良い人と巡り会えるのではないでしょうか。6月~7月と言うあたり。

もう一つは、金星と木星がオポジションを形成するのに残り15度。(女性を示す惑星として、候補に入れます)こちらはもう少し先になると思います。質問が今年限定なので、15週間後と言う所でしょうか。秋くらいと思ってください。出来たら、早い出会いの方が良いでしょう。

少々問題は、ぷんちゃんさんを示す水星が逆行していて、ぺリグリンであると言うこと。何か彷徨い人のようにふらふらとしていて、視線が定まっておらず、現実でないものを見ているようなところ。「今年中に、いい出会いがあり結婚して妊娠できるか知りたい」とありますが、今年に、出会い、結婚、妊娠と、願望を詰め込み過ぎていて、これが良い出会いなどを妨げています。

どこか、面倒くさがりなところがあるのでしょうか^^;。一度のアクションや決断で全部を手に入れようとする安易なところがある様な。そうなると、人生の何もかもが急にハードルが上がってしまい、人生自体が難しいものになってしまいます。一度で全てうまくいくチャンスを待ち続けてしまうと、人生は展開しません。

まずは、素敵だな、と思う人が現れたら、デートを重ねる、それから、結婚へと繋がるようなお付き合いをする、と言うことから始めましょう。

子供については、年齢的な制限はどうしてもあるものです。出来るかもしれないけど、ひょっとしたら出来ないかもしれない、と言うことになり、出来ない可能性における人生の視野もそろそろ考慮していく時期にあるのではないでしょうか。

(ぷんちゃん様)2017.05.01

早速鑑定して頂いてありがとうございました。本当に、一度でうまくいく方法ばかり考えていました。年齢もあり焦りがあります。でも、出会いそのものはありそうですね。

婚活でサークルに行っていますが、いい出会いがなくもうやめようかと思っていました、でも諦めてはダメですね。

私は告白されないのですが、なにか星回りが悪いのでしょうか?私を好きな人がいてもされないのです。わかりにくい話かもしれないですが、鑑定できるかでしょうか?

よろしくお願いいたします。

上記、有料サービスへのご案内をさせていただきました。

No.12 結婚につながるソウルメイトと出逢えるか、時期はいつ?

2016年8月6日 T様

占ってほしいのは、結婚につながるソウルメイトと出逢えるか、時期はいつなのかです。

8/1に仲良くなった男性とお別れすることになりました。仲良くというのは、友人として、です。結婚されている方で、とても素敵な方なので、友人として今後も仲良くいられたらと思っていました。

お別れの理由は、奥さんに浮気を疑われたからで、向こうから連絡できないと言われました。その連絡をもらったときは、「あ、(恋愛や結婚へとつながる)ソウルメイトと出逢うためのお別れだな」って、どこかで思いました。

でも、本当に出逢うのかなって不安になります。「この時期の別れは、木星が天秤座の時に逢わせたい人がいる」というブログを読んで、やっぱり、と思ったのですが、やっぱり不安です。

不安を溜めてたら、出逢いが遠退く感じもし、笑顔で過ごすようにと心がけますが、どこかで出逢えなかったら?と思います。

私、友達少ないんです。なので、
どうして友人と別れてまで?
ソウルメイトと友人が仲良くなって、家族同士で出かけたりしたかったのに、何でダメなん?
そこまでしての出逢いなんて、本当にあるの?
なかったら、どうしよう。って、不安が大きくなりました。

<お返事 >

仲良くなったご友人である男性とお別れされた、とのこと。友人であったと言う事ですが、それは肉体関係が無かっただけであり、恋愛であった、恋愛的な要素を多分に含んでいた、と言う様に感じます。

と言うのは、友人と別れたのなら、次に求めるのも友人であるのが道理であり、もしくは、友人として仲直りする方法を求めるのが自然な流れだからです。

ご相談では、友人と別れたことで、結婚へ繋がるソウルメイトとの出会いを質問されています。それはやはり心では、恋愛であったのでしょう。(無意識であったにせよ)そして、だからこその奥さんの反応であり、それは自然な様に感じます。

T様の心にとって必要なのは、この件を恋愛と認めることから始め、失恋したことに対してきちんと悲しみ、十分に悲しんだあと、顔を上げ、新しい出会いを求める、というようなことに感じます。

さて、新しい出会いですが、私は1年以内にはあるように思います。ただ、結婚相手とすぐに気づかないかもしれません。もしくはその相手と結婚するまで時間を要するかもしれません。

友達が少ないとありますが、どうぞこれから多くの友人を作ってください。人生を乗り越えるのに、ソウルメイトを探すことに焦点を当てている場合、ソウルメイトに出会わないか、ソウルメイトであることに気付きません。

それは出会う人すべてを「結婚に繋がるソウルメイト」かどうかと判別してしまう様な態度になってしまい、結婚に繋がるソウルメイトで無いと判断した人、最初の段階で魅力を感じない人、一見自分の得にならない様に思える人、自分の要望を叶えてくれそうにもない人などを無意識的に切り捨ててしまっていることが多く、しかし、本当はその中の誰かが結婚相手と出会う為の縁を作る人である、と言うことがあったりもします。

出会う人をないがしろにし、相手を良く見ずに人生から取りよけた人が、ソウルメイト(結婚相手)の友達であるかもしれず、ですが、自分の友達にそっけない態度を見たらソウルメイトは遠ざかってしまう、と言う悪いループに陥いるでしょう。

だからといって、この人はソウルメイト(結婚相手)と出会わせてくれるかどうか、と言う意識を持ってしまうと、相手は何か自分が品評されているような気分になり、友人として、本当に人と人同士で仲良くなる機会までも失ってしまいます。

重要なことは、今思い描いているソウルメイト探しの絵を一度手放すことです。そして、出会った人を友人と招き入れ、友好的な態度を示し、友達としての適切な距離を保ちながらも心地良い関係を楽しむ、と言うような経験が必要でしょう。

もちろん何度か話したりするうちに、どうしても友人になれないと言う人はいるでしょう。でも、自分の体験や感覚から、相手との友人関係を解消したり、遠ざかるのは、とても自然な行為であり、そういうことも何人か経験するかと思います。

さて、こんなに友人、友人と書いているのは、当然友人のハウスが強調されていて、良い意味を多く含んでいるからです。多くの友人を作り、その中で楽しむ余裕が出来る時、結婚相手として浮上するでしょう。また、ここで言う友人とは仕事場から離れた環境で出会う友人であり、仕事上の友達、幼馴染、古い友人以外の世界を広げることとなります。

趣味の場、仕事以外の大切な世界観を育てられる場所、関心のある場所などに、是非出向いてください。人生を結婚相手だけで塗り固めるのでなく、また一人の人が差し出すことだけに染まるのでなく、多くの友人が示してくれる広い世界や世界観を味わい楽しんでください。

そういう体験を重ねていく中で、結婚したいと思う人がきちんと明確になってくるでしょう。

(T様)

先日は星の無料相談の返信をありがとうございました。ご指摘いただいた通り、友人ではなく恋愛感情が少なくとも私の方にはありました。結婚されている方なので、好きになってはいけないと、友人として接していました。自分自身の気持ちを見て見ぬふりをしてしまいました。

好きな気持ちをつたえれたことと、好きになってよかったと思えたことと。星の無料相談を申し込んでよかったです。

ありがとうございました