No.4 騒音問題

2016年6月6日 I様

公営住宅に住んでいるのですが、上の階の騒音で悩んでいます。

私は家族5人で暮らしています。末の弟が知的障害で声は出るけど、言葉を話すことができない。多動でジャンプしたり、手を叩いたり、ずっと声を発している。静かなときもあるけれど、黙っていることが難しい。急にキレることがある(奇声をあげる)。

(略)

相手は真上の部屋(2階)、5人家族、、家族構成は父親、母親、子供3人(兄、妹、弟)

特に下の子がうるさい(走ったりジャンプしたり)

(略)

公営なので大家さん、管理人はいない(相談できない)

(略)

でもうちの末の弟もうるさいし…この年は家族と喧嘩することも多かった(大声で怒鳴ったり)。私は上の階へのイライラを壁や物にあったっていた。怒ったり、殺意沸いたり、恐くなったり。情緒不安定だった

(略)

騒音について、以前よりは気にならなくなっています(慣れかもしれませんが)。それでも大きな音が聞こえると気になりますが…

(略)

質問は、

いつまで騒音の中過ごしてなきゃならないのか?

どうしたら治まるのか?

上の子供はなんなんだ?

というところでしょうか…

(※相談内容の文章をかなり省略させていただきました。幾つかの状況を省いています。質問や返答が、少し脈絡ないと感じることがありましたら、省略した部分が相当するかと思います。)

<お返事 >

まず、上の階の住人は木星で表されており、木星は乙女座に配置されています。

乙女座は口やかましいサインであり、なおかつ木星は乙女座であまり品位の良くない状態。さらに、木星はその中でも乙女座の中でも、一番うるさいと思われる頂点います。

上の階の住人は、確かにとても騒音を出す住人です。

では、I様のご家族自体はどうかと申しますと、双子座サインにある金星で表され、こちらもぺちゃくちゃとしゃべると言う意味では、割と音を出すご家族と言う事になります。

I様自身は、射手座サインにある土星。土星自身は寡黙ですが、射手座と言うサインは、メガフォンクラスのやかましさを出すことが出来、時折うるさくしている様に思えます。

上の階の住人からすると、お互い様であり、下の階の住人には、音に関してあまり気を使わなくて良いので楽である、と言う認識を持っていそうです。 

> いつまで騒音の中過ごしてなきゃならないんだ?

3カ月、、、と言うのが一つの試算。

I様を表す土星は、現在逆行中。つい最近まで、I様の土星と、上の階の住人を示す木星とが、きっちりと90度のアスペクトを形成しておりましたが、これが現在外れかかっています。

少し慣れて来ている事や、気にならなくなっている事がここで表されている様です。

I様を表す土星から、状況が変わる試算を割り出すことが出来、それは後3ヶ月となります。これは状況が変化し、今立てているチャートが使えなくなると言う意味でもあります。

相手側も3ヶ月後に何か、状況変化を示唆するようなことが示されています。ですが、これは相手の住人にとって、善き知らせになり、I様やI様のご家族にとって、どういう事を示すのかまではわかりません。

少なくとも、3ヶ月はこのままでしょう、と言う事であり、その先は不透明です、と言う事でもあります。不透明と言うのは、そこに幾つもの可能性や選択肢の枝分かれがあり、どれを選ぶかによってその後が変わることを示唆します。

> どうしたら治まるのか?

いろいろと惑星の動きを観察しましたが、上の階の住人と、I様のご家族との接点が、今後作られるタイミングを見出せません。

話し合いの時期はもっと前にあったと思われますが、それをしてないのであれば、そのベストなタイミングを逃された様です。

どの関係者も動きのあるハウスに配置しておらず、とても動きの弱いハウスに配置されていて、頼りなげな状態であり、良いタイミングを活かせなかったとしても、仕方ないなあと言う思いもあります。そして、今後もしばらく解決に身を乗り出すことも無いように思われます。

現段階となっては、第3者を立てるのは難しい様です。と言うのも、話し合いになると、今は相手の方が有利に展開してしまいそうなこと、こちら側の弱みの方が痛い思いをしそうと言うことになるでしょう。

上の階の住人からすると、お互い様であり、下の階の住人には「音に関してあまり気を使わなくて良いので楽である」と言う認識を持っています。

本気で第3者を立てる場合、家族対家族となりますから、ご家族同士での十分な話し合いと、団結する心が必要ですが、どうもそこまでやる気になる様には見えません。おそらく家族同士で、上の階の住人の悪口を言って、憂さを晴らして行くくらいでしょうか・・・

現実的な回避策は、最後の手段である「自衛」を取るしかないかもしれません。イヤフォンを使って好きな音楽を聴くようにする、耳栓を購入する、と言う様な事でしょう。耳栓につきましては、それほど高くない金額で軍用の耳栓と言う物も売っておりますので、それらを試してみるのも良いかもしれません。

> 上の子供はなんなんだ?

上の階の住人の子供は、月で表されます。月は蟹座に配置されていて、とても居心地良い状態。家族からも愛されていていて、一番好き所で好きな様に出来ていると言う状態です。相手のご家族からしたら、子供らしく元気にいる、と言う状態であるでしょう。

I様と、相手の子供は真逆の関係。理解し合いにくい存在であることも確かです。月で示されている相手側の子供は、おそらく自分の家族の言う事なら聞くでしょう。

その相手側の家族に冷静に直接口頭でお願いできる人物がいるとすれば、木星が支配する場所、つまり射手座に置かれている土星で示されるI様のみ、と言う事になりますが、、、タイミングを掴むのが難しそうですね・・・。

結果は以上となります。

おそらく、ご期待に沿えるような内容ではなかったと思いますが、どうかご容赦いただければ幸いです。

確かに期待どおりという結果ではありませんでしたが、こうなるような気がしていました。どれも的確で、読んでて納得しました 上の人(特に子供)に対して悔しいような気持ちもありますが、相談して良かったなと思っています。 お手数をおかけしてすみませんでした。こちらこそ、ありがとうございました

ある意味、とても興味深いチャートでした、と申し上げさせてください。

何か動きがありましたら、ご連絡ください。

大家さんや管理人さんが居ない、と言うのもなかなか難しいですね。