No.164 起業したいがどうか?

<2021年6月18日 ON様50代女性>

初めまして。いつも今週の星模様興味深く読ませていただいています。

皆さんにとってもそうだと思いますが、今年は自分にとって激動の年で、これまでやってきたフリーランスでの通訳翻訳業もほぼ休業状態となり、派遣やアルバイトで生活しています。また、飼い猫2匹のうち、今年17歳になる年長の子の様子が6/7より急変し、何度も検査等を受けた結果成す術があまりない状態です。

非常に辛いのですが、同時にきちんと起業したいという想いも急に強まりました。個人事業主として登録してはいますが、通訳翻訳者としてはほとんど業務請負状態でした。

何で起業するかまだ混沌としている状態ですが、商品を売るのはあまり得意ではないので、何かクリエイティビティを発揮できるもの、また共感力(海王星力?、笑)を発揮できるものなのかな、と感じています。

ここ1年くらいで形にしたいのですが、如何でしょうか。

2度目のサターンリターンも近いので、今までの物事が崩れ去っている印象はあります。

<2021年6月27日 お返事>

星の無料相談では、出生情報を使うのではなく、質問のタイミングで鑑定します。出生情報を用いての鑑定をご希望の場合、有料サービスをご利用ください。

ON様を示す惑星は、金星。
起業を示す惑星は、月。

月は12ハウスにあり、非現実な様子を示しています。
金星も海王星とトラインしていて、夢見がちで浮足立っている様な様子。

金星と月はアスペクトを形成する前に、火星に妨害されます。火星は、対人関係(集客含む)か資金繰りのどちらかです。

このまま起業してしまうと、何のプランもないまま、何となく行き当たりばったりでの起業になってしまいそうです。
そういう場合、対人関係での問題や資金繰りなどの問題がちょっとでも発生すると、それを乗り越えることが出来ずに挫折してしまうことになるでしょう。

何で起業するかまだ混沌としているとあるので、チャートはそれを示しているだけかもしれません。

もう少し具体的なイメージ、対策やプランが必要な様です。