No.23 転勤した先での仕事、いつ戻れるか?

2016年11月27日 K.M様

転勤で○○から△△へ来ました。

(新しい事業所の立ち上げメンバーとして)地元へ戻るまでに雇用している大勢の派遣社員を統率したり、事業所の土台作りをするという責務を果たすことができるでしょうか。

また、地元へ戻るのはいつ頃になるでしょうか?

※個人が特定されない様、地域名を伏字にしております。

<お返事 2016年12月2日 >

M.M様を示す惑星は月。月は蠍のサインに置かれています。月は蠍のサインにてデトリメントと言い、居心地の良い状態でなく、ストレスのある状態になります。とても大変なお仕事をこなされていて、気苦労も多いことであろうとお察します。

しかし、仕事を示す星からはしっかりと受け止められていて、仕事が「M.M様を必要としている」と言う事がわかります。そして、月と火星はしっかりとアスペクトしていることから、きちんと責務を果たすことが出来ることがわかります。職場の同僚や派遣社員なども、良き人材が集まっている、その地域や事業所にも愛着や親しみを持っている、と言えそうです。

地元へ戻るタイミングですが、幾つかの時期を示す指標があります。チャートには木星と土星が深く関わっているので、この惑星が実際にアスペクトを取る時期(来年2017年8月末)と、それから月の動きに注目することによって、タイミングの指標が幾つか浮かびあがります。

タイミングを表す時期をリストすると以下の様になります。
・2017年8月
・2018年春
・2018年秋
・2019年8月~9月

・2017年8月
最初、早ければ来年の夏あたりに戻れる可能性考えました。職種によっては、立ち上げは早くで済む場合があるからです。ただ、お聞きした事のご返答の現実路線から行くと、可能性が薄そうですね。立ち上げの為の諸々の問題が一通り解決される時期、と見る方が良いのかもしれません。7月から転勤されていると言う事なので、丸一年経つことになり、おおよその事がまとめる事が出来ているのでしょう。

・2018年春
月が蠍のサインを抜け、射手に入るタイミング。サインを変えると言う事は、何かイベントが起きやすい時。月は、火星の領域から、木星の領域に移動します。会社や上司に認められる、成果が評価される時期と言えそうです。今後他の人に受け渡しても大丈夫そうな目安が付けられる、と言った具合かもしれません。

・2018年秋
月が太陽とコンタクト。何か物事が一旦終わり、心機一転する可能性も。となると、地元に戻れる時期と考えたいですが、、、このコンタクトは、このチャートにおいて地元へ戻る強いしるしであると言い難い。戻れる可能性はありますが、弱い指標です。この時期までに引き継げる人を見つけ、引き継ぎを終わらせておく必要がありますから、かなりの努力が必要となりそうです。太陽はM.M様のお金でもあるので、給料が上がるのかもしれませんね。

・2019年8月~9月
月が木星とコンタクトをするまで、残り33度あります。これを33か月と考えると、大体この時期になります。木星はこのチャートにおいて強い意味を持ちます。また、仕事を示す火星が木星とコンタクトするのに、2度43分。2年と8ヶ月と見ますと、2019年8月-9月の時期になります。会社から言われている時期とも一致し、一番可能性が強いと思われるタイミング。

結論を申し上げますと、2019年の夏から秋くらいには戻れるだろう、考えるのが妥当なようです。2018年に戻る為には、仕事の成果を出す事とそのアピール、引き継ぎする人の教育などを早めに着手する必要があるのかもしれません。

(M.M様)

鑑定ありがとうございました!

わかりやすくて、とても励みになりました。1つでも何かを成し遂げて地元に帰りたかったので、いただいた結果を受けて仕事にも張り合いがモテそうです♪これからもブログ拝見させていただきますね( 〃▽〃)

また相談にのってください!

どうもありがとうございました!

(みら)

転勤で慣れない土地と人など、いろいろ大変なこともあるかと思いますが、チャレンジ応援しております♪